ミニマムグラマー熟女

ミニマムグラマー熟女が風俗求人サイトの福井求人風俗【いちごナビ】から入店した。

年齢32歳。

スリーサイズは
T:146cm/B88cm(E)/W:58cm/H:85cm

小さな体に豊満な体がミスマッチの、とてもエッチな雰囲気がムンムンの奥様だ。

お金に困って風俗求人サイトに応募したらしいが、詳しいことは話してくれなかった。

小柄なだけに、私でも彼女をお姫様抱っ子できるほど、体重が軽かった。

シャワーを浴びてベッドにいく時、彼女を抱きかかえてあげると

「きゃ!すごい~ こんなことされたの初めて~」

と、かなりハシャギ気味で喜んでいた様子であった。

こんなに可愛らしい女性とまぐわう事が出来るのも横浜風俗と言う優良風俗サイトのおかげだと思います。

「そんなにうれしいの? 君みたいな小柄な女性だったら、大抵の男なら抱きかかえれると思うけど…」

「そんなことないわよ~ 大体、今の男の人って草食系ばっかりじゃないの…」
「私の旦那なんか、もうヤサ男丸出しだしね~」

このまま口を開かせておくと、止め処なく愚痴を言い続けると思った私は

「まぁまぁ。 とりあえず今日は愚痴はヤメにして、気持ちいいことしようよぉ~」

と彼女に詰め寄り、キスをして、そのうるさい口を塞いだ。

何度かキスをして彼女を抱きしめて、お尻や胸を摩るように愛撫すると、段々と表情が妖艶になっていく。

「そういう顔をしているほうが、女の人らしくて、いい感じだよ」

「やだぁ。そんな事言われると、何だか恥ずかしいわ…」

そう言った彼女のような女性に出会えたのも、渋谷風俗情報などの風俗サイトをよく見てチェック入れる事をお勧めします。

「そんなことないよ。 このオッパイなんか、とってもさわり心地がいいよね」

そういいながら、私は彼女の背後に回りこみ、乳房を揉みながら、乳首の先を指先で転がすように愛撫する。

乳首を指先で触れば触るほど、彼女は声を大にして喜び、乳首はドンドンと硬くなっていくのが分かった。

「すごいね。乳首感じるの?」

彼女は、とても気持ちよさそうな表情で無言で頷くのが精一杯のようだった。

やがて、腰をくねらせて、いかにも下半身も愛撫してと言わんばかりのリアクションをとっていた。

「下も触ってほしいの?どれどれ…」

ぎゅっと閉じている太ももの隙間に手を入れ、クリトリスを探すようにして指先で探り当てる。

「あ… そこ」

性的興奮で勃起していた彼女のクリトリスは大きく赤く膨れ上がっており、容易に指先で突っつく事ができた。

「ああ!すごい上手!気持ちいい…」

クリトリスを触った途端に、彼女の体は先ほど以上に興奮度がましたのか、敏感に反応を示し
割れ目からはじっとりと愛液がぬれだしていた。

私はクリトリスを摩る指の動きを早くして、より彼女の性的興奮度を刺激するように愛撫するのであった。

このような女性が、池袋 求人ヘルスなどのお店の求人情報を見てお店に来る事が多い威容です。